字幕ほにゃく犬のダラダラほにゃく日記

字幕ほにゃく犬の日常をぐだぐだと書いています

「女神の見えざる手」その他

 字幕ほにゃくの修行中、「いろいろな映画を観るのも勉強です。特に自分が見ないようなジャンルの映画を意識して映画館で観るように。」と言われて、それが心に残っている。うん、観ないようなジャンルも観なきゃ。ほっとくとワタシはナチ関連の映画ばかり観てしまう。しかもお手軽にパソコンで。また、とっても尊敬する翻訳者の方も、秘訣は「とにかく映画を観ることよ~」とおっしゃっていた。

 

 …ということで、暇にな時はできるだけ映画館に行こう!と決めた。先週に続き、昨日も映画館へ。TOHOシネマズ日本橋というのは初めて。コレド室町の2に入っていたとは。

 

f:id:alichen:20171122083650j:image

 

 …もんのすごく面白かった!久々にコーフンした!「面白い」とは聞いていたけれど、噂どおり。ネタバレしたら台なしになってしまうので書かないけれど、とにかくえきさいちんぐ。ドイツ語で言うとしゅぱねんと。銃規制法案をめぐる、賛成派と反対派のせめぎ合い。息詰まるようなやり取りが続く。主人公は、やり手のロビイスト。仕事のためにプライベートのすべてを捨て、ロビー活動に捧げてきた女性。字幕の数もハンパない。なのに読んでて疲れないどころか、開始直後から一気に引き込まれるのはさすがとしか言いようがない…。字幕翻訳は松浦美奈さん。すばらしかった。

 

*************

 コーフン冷めやらぬまま家路につくと、家ではいろいろ問題が… 1つは、字幕のミスが見つかったこと。ああ、またやってしまった。しかも、ものすごく初歩的。表記の揺れというやつである。お手数を増やしてしまって本当に本当に申し訳ない。「コイツは使えない」と判断されたとしても仕方がない…。ううう… ぺしゃんこに潰れた。もう1つも私が悪い。昨日の夜はモンモンとしながら床についた。ううう…😢

 

 …しかーし。切り替えて次のお仕事にかからなきゃ。今日、もう1本だけ観たらしばらく映画館での映画鑑賞はお預け。夕方にドイツ語関係の用事もあり、ちょっとバタバタしそう。