字幕ほにゃく犬のダラダラほにゃく日記

字幕ほにゃく犬の日常をぐだぐだと書いています

アーヘンへ

旅日記ばかりUPしてしまって申し訳ない…💦💦

あと少しで終わります。

 

目下の幼虫事情:サナギが2つ、終齢幼虫(今までで一番の「はらぺこあおむし」。ものすごい大食漢!)が1匹、チビが10匹。

真夏に比べて成長の速度が遅くなった気がする… このままじゃ、最後の子がサナギになるのはかなり先。越冬させないといけないかも?初心者にはハードルが高い…

 

ひゅ~るり~~ ひゅ~るり~らら~~ (越冬サナギ)

 

deutschali.exblog.jp

 

 

 

ドイツの Sauerteig(サワー種)

 相変わらずライ麦パンを焼いているのだけど、美しく焼くのは難しい…💦 もっとも、素人が完璧に焼けるようじゃ、パン屋さんが成り立たないもんね。パンって奥が深い…

 

 今回、ドイツの Bio-Laden (自然食品のお店)で複数の Sauerteig を買って来た。2月に行ったときは右下の黄色いヤツを買ったのだけど、これがなかなかおいしかったので、今回は4種類をゲット。昨夜は左上の赤い袋を試してみた。量が少なくてビックリだけど、濃縮されているらしく、少量を加えただけでいい香りに焼きあがった。

f:id:alichen:20180922101232j:plain

 

サワー種とはナンジャラホイ?

www.the-torigoe.co.jp

 

…それがコチラ。うーむ。不格好なのは相変わらず。それでも前よりはマシになったかな。今回はちょっと水が少なかったらしく(入れたあとで「ん?少なかったかな?」と思ったのだけど、案の定…)生地のふくらみが悪く、やたら硬かった… よって焼き上がりもイマイチ。でもお味は美味しかったからよしとしよう。クルミとヘーゼルナッツをダブルで入れちゃった。ナッツが入っているのが個人的に好きなので…

f:id:alichen:20180922102000j:plain

 

次に焼くときは、水加減にも注意しなくちゃ。

 

 

 

 

フランツ、飛び立つ

今朝、フランツが空へと飛んでいった。昨日の夜、サナギが黒っぽくなって羽が透けてきたので、もう羽化するだろうなぁと思っていたら、やっぱり❣

 

          f:id:alichen:20180918232043j:plain

 

これは動画を切り取ったもの。写真も撮ったのだけど、あまりに元気がよすぎてどれもピンボケ。今回も男の子だったので、名前はフランツのまま。女の子ならフランツィかフランツィスカにしようかと思っていたのだけど。

 

これで3頭連続で男の子!次の子は女の子かなぁ…今、パウルがサナギになったところ。そしてヨハンがサナギの前の前蛹状態。

 

 

 

 

Tagesschau のイントロ

先日に続き、今度はARD局のニュース「Tagesschau」のイントロシリーズ!

 

www.youtube.com

 

ひゃ~懐かしい! ゴーン♪ と鐘が鳴って、 Hier ist das (erste) deutsche Fernsehen mit der Tagesschau. とアナウンスが流れ、ちゃー、ちゃー、ちゃちゃちゃちゃ~~♪♪ となるのは1956年から変わらないということが判明。こりゃすごい発見だ!ただし当初は erste (第一)が入っていなかった。ZDF(第二ドイツテレビ)は1963年に開局したらしい。50年代は第一も第二もなく、ARD局だけだったのね。

 

この「ゴーン♪」は、おそらく多くのドイツ人に記憶されているのだと思う。あの名作「グッバイ、レーニン!」では、東ドイツがまだ残っていると信じているお母さんの部屋に「ゴーン♪」が聞こえてくるシーンがあった。Genosse Ganske guckt west fern? (ちょっと違ったかも。でもこんな感じ。同志ガンスケが西のテレビを見てるの?)と怪訝そうな顔で言うシーンがあった。ゴーン♪で、すなわち西のニュース番組だということは誰もが分かっていたのだろう。

 

 

講座のお知らせ@朝日カルチャーセンター

 本来、黒子に徹するべきほにゃく犬が、しゃしゃり出てしまって恐縮です💦 ドイツ映画への関心が少しでも高くなってくれたらいいなぁと思い、現在ネタを仕入れ中です。

 

deutschali.exblog.jp

 

もしご興味がおありでしたら…

 

 

 

名前のバリエーション

 ずっと仕事が詰まっていて(←幸いにも)母が亡くなってもなんとなく実感がなかったのだけど、週末に四十九日を追え、火曜日に仕事を出したらどどっと疲れが…💦💦 今は翻訳以外のお仕事をしつつ(チェックやパワポ作りなど)、ぼーーっとしながら幼虫のお世話をする日々。ああ、かわいい(笑) 目に入れても痛くないくらいカワイイけれど、幼虫を目に入れるのはやっぱりヤだ(爆)。

 

 アゲハ師匠(…と呼ばせてくださいっ)が葉っぱを送ってくださったおかげで、幼虫たちはすくすく育っている。その間に我が家の貧弱なレモンの葉も増えてきた。しかーし。育ち盛り&食べ盛りの幼虫たちを養うには到底足りない… おまけにまだ卵もある。このごろワンコの散歩は公園に行くのではなく、空き家に柑橘系の木が生えていないかをひたすら探すようになった。なかなかニャイ。いただいたミカンの葉っぱもとうとう最後の1枚をあげてしまった。うう、どうしよう…

 

 …ということで、またまた厚かましいことに師匠に泣きついてしまった。そうしたらぬゎんと!その日の夜に近くまで持ってきてくださったという・・・ ありがたや~ありがたや~ フレッシュ♪ 水に生けた状態でビニール袋に入れ、野菜専用室に入れておくと2週間もつ!

 

f:id:alichen:20180914093506j:image

 

 我が家のパウル、ヨハン、チビたちも大喜びである(終齢幼虫になったら名づけることにした^^;)。フリッツは既にサナギだから食べないけれど。ちなみにパウルが羽化して雌だと分かったらパウラに、ヨハンが雌ならヨハンナに改名する予定。1文字替えるか加えるかするだけで女の子の名前になる名前って意外と少ない。今からいろいろバリエーションを考えておかなくちゃ。ロベルト&ロベルタ、ミヒャエル&ミヒャエラ、クリスティン&クリスティーナ、ウルリッヒ&ウルリーケ、アレクサンダー&アレクサンドラ… 

 

 「ハインリヒ」とか「ラインハルト」とか「ヴォルフガング」みたいにゲルマンゲルマンした名前って、意外とダメ。ラテン系のほうがそのまま女の子の名前にもなるみたい。バリエーションが底を突いたら、「ライン春子」「ヴォルフガン子」「ゲオル子」とするか…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ひとくぎり

今日は母の四十九日。午前中に家を出て霊園へ。

 

f:id:alichen:20180909204830j:plain

 

f:id:alichen:20180909204846j:plain



ちょっとだけ、くぎりがついた気がする。広くてとても素敵な霊園。母も喜んでいると思う。とてもいい天気で、気温は高いのに見上げると秋の雲。あのどこかに母がいるのだろうかと、しばらく眺めてしまった…。

 

f:id:alichen:20180909220818j:image

お友達がお花を贈ってくださった。花の香りは悲しみを和らげてくれるものなのだと、母を亡くして心から思った。

 

 

Max 君が飛び立った

 昨日の朝は驚いた。北海道で震度7…!しかも広域でブラックアウト。さぞかし不安な1日を過ごされたことだろう。被害に遭われた方が一日も早く穏やかな日常を取り戻せますように…。

 

 先日、黒い筋の入ったあおむし君を「フランツ」と名付けた話は書いたけど、サナギになった子には名前をつけていなかった。昨夜、サナギを見たら色が少し変化していた。「お?」と思ったけど、噂に聞くような「羽が透けて見える」状態ではない。羽化は週末あたりかなぁと思っていたら…

 

 

 

 いきなり羽化!  早っ

 

 

虫が苦手な方もいらっしゃると思うので、この先は「続きを読む」を…

(いきなり蝶の画像が出ますのでご注意を)

 

 

続きを読む